スポンサーリンク

2009年11月05日

今回の徒歩旅行の教訓

・一日の旅程は、基本的に20km程度までにする
楽しく歩けるのは20kmまで。それ以降は苦行になってしまう。
最初の1日だけだったら40kmくらいはいけると思うが、必ず後で後悔する。
・歩く事と風景以外は切り捨てろ
移動範囲が極端に狭くなるので、観光は殆どできない。
旅程の計画時に行こうと思っていても、いざ行ってみると足の疲れに負けて切り捨てまくることになる。
旨い物を食べようと思っても、遠回りして売っている店まで行く気になれない。
歩く事と風景だけを楽しめ。
・自炊はするな
上でも書いたが、移動範囲が極端に狭くなるので、遠回りして市場とかの旨いものを買いに行く気にはならない。
結局、近所のスーパーで、土地のものではない食材を買うことになる。
割り切って、普通の定食屋とかで食った方がいい。
それに、自炊道具はかさばるし重い。
・テントは持つな
単純に重いから。
シュラフのみでの野宿を楽しめ。
・30Lより大きいザックでは行くな
荷物の軽量化に努めろ。
・そこはかとない孤独感が楽しめる
この感覚は他の交通手段での旅行では味わえないと思う。
少なくとも、自転車旅行の比ではない。
こう書いてみると、
デメリットは「とにかく行動範囲が極端に狭くなる」ということに尽きる。
メリットは「孤独感が楽しめる」ということだ。

なお、人との出会いは少ないように思う。
おそらく周りの人から見ると、声をかけづらいのだろう。

posted by 歩き太郎 at 12:38| Comment(0) | 雑多な情報

道の駅さるふつ公園〜宗谷岬(6日目 2008年6月24日)

【6日目の旅程】

より大きな地図で 徒歩20090624 を表示

3時47分に起床。
予定通りいけば、今日はいよいよ宗谷岬にたどり着く。

今日は宿で寝たので寝心地は最高だったが、
逆に快適すぎて、寒い外に出る気合が入らなかった。
結局、宿を出発したのは5時50分。
今日の行程は30kmと長めなので、このロスは痛い。

出てすぐ、「宗谷岬29km」の標識があった。
いよいよ近づいてきたのだなと思えて、励みになった。

06_宗谷岬29km
すぐ北のセイコーマートが6時からやっていたので、
カフェイン補給をしようと思ってガラナジュースを買って飲んだ。

この辺はだんだんと宗谷丘陵に入っていくので、これまでとはまた違った景色になる。
今日の中間地点の東浦漁港までは、↓こんな感じの景色が続いた。

06_宗谷丘陵
そして道が内陸部に入り、森の中を3時間ほど歩くと、木がだんだんとなくなっていき、辺りは原野一色になった。

06_宗谷丘陵2
エサヌカ線に負けず劣らず、素晴らしい景色。
僕はあんまり写真を撮らないタチなのでここに載せるものがないのだけど、
本当に良い景色だった。
丘の上から見る一面の原野は最高。

そして、道はまた海岸線の平地を走り、どんどんと宗谷岬が近づいてくる。
早く着きたいような、まだ終わって欲しくないような、そんないろんな感情が入り混ざりつつ、
平地を7キロほど歩いてゴール。

06_宗谷岬
達成感というよりは、とにかく早くへたり込んで寝たいという感じだった。
岬から徒歩1分の宿をさっさと取り、すぐに寝た。

posted by 歩き太郎 at 08:06| Comment(0) | 旅行記

クッチャロ湖〜道の駅さるふつ公園(5日目 2008年6月23日)

【5日目の旅程】

より大きな地図で 徒歩20090623 を表示

なんと3時45分に起床。すげえ。
既に辺りは明るかった。
高緯度だからか。
しかし、昨日ほどではないにしろ寒い。
パッキングに手間取り、5時出発。

今日の旅程にはエサヌカ線がある。
これが、今回の旅行のメインなのだ。
エサヌカ線というのは、原野の中を突っ切る、どこまでもまっすぐな道。
それがすぐそこにあるのだ。
それを考えただけで顔がニヤニヤしてくる。

浜頓別の市街を出るとこでセイコーマートがあったので、あったかいコーヒーを買った。
店員のおじさんが親切な人で、ライターをくれた。
自炊旅行者としてはとてもありがたい。

エサヌカ線の入口はかなりわかりにくい。
何の看板もないのだ。
なので、一応写真を貼っとく。

05_エサヌカ線入口
エサヌカ線は本当にどこまでもまっすぐな道だ。
道の写真をたくさん撮った。

05_エサヌカ線まっすぐ写真
05_エサヌカ線斜めまっすぐ
エサヌカ線は、15、6kmくらいあるので
徒歩での踏破は5,6時間ほどかかる。
それだけの間、建物が全くないところを通るのだ。
楽しさと不安感が入り混じった、初めて感じる類の感覚だった気がする。

そんな風にエサヌカ線を堪能していたら、遠くに人が立っているのが見えた。
交通整理のおじさん風な格好っぽい。
なんだろう?と思いつつ歩き続け、30分ほどでその人のところまでたどり着いた。

聞くと、なんと、トヨタ車のCM撮影をしているから、この先は通らないでくれという。
だったらなんでエサヌカ線の入口に看板とかを立ててないのだと聞いたら、
「封鎖しているのではないからだ。法的には封鎖してはいない。通れる。
 だけど、通らないように迂回をお願いをしている。」という。
要は、警察の許可を取らずに、通る車全てに「お願い」をすることで事実上の封鎖をしているということのようだ。
「俺はこの道を歩く為にはるばる埼玉から飛行機に乗ってきたのだ。通りたい。」と言うと、
「お願いします、迂回して下さい。」の一点張り。
そうしている間にも、ぽつぽつと車が来ては迂回させられていた。
迂回していく車のナンバーは8割方が北海道外。
きっとみんな、この道を楽しみに来たのだろうと想像した。

そんな押し問答を30分ほど続けたが一向に答えが変わらないので、
「封鎖じゃないんですよね?なら、お願いは聞けません。通ります。」と言い、強行突破しようとした。
すると、おじさんは僕に体当たりをして阻止しつつ、上司らしき人に無線で連絡を取った。
揉み合っていると、上司らしき人が来てこう言った。
「通してあげるから、そのかわりにウチの車に乗って行ってくれ。なお、車に乗っている間は写真は一切取らないこと。」とのこと。

何の権利があってそんな上から目線なこと言うんだと思ったが、
僕は30分の押し問答で疲れていたし、揉め事を起こしたら、きっと交通整理のおじさんも上司に怒られるのだろうな・・・と思い、わかりました、と答えた。

車に乗って、CMの撮影現場を通り過ぎた。
CMを取っていた車は、クラウンらしかった。

この時撮っていたCMは、どうもこれ↓らしい。


悔しくて堪らなかったが、
僕も家に帰ってリーマン生活に戻って、上司から命令されりゃあ、同じような事をしただろうな・・・とぼんやりと思った。
そう思うと自分が情けなくて、ため息をついた。

車から降りたところで、無言で運転手に頭を下げて再出発。
乗って移動したのは2kmほどだったらしかった。

嫌な思い出作っちゃったなと思ったが、エサヌカ線は相変わらず美しい。
不気味な美しさ、とでも言うんだろうか。
周りには何もなく、自分一人しか居ないという孤独感を感じつつ美しい景色を見るってのは、独特だ。
曇りだったので、孤独感が一層つのった。
バイクだったら30分くらいで走り抜けちゃうだろうから、
この感じは、徒歩で、5,6時間もかけて踏破するからこそ感じられる感情だろうなと思う。
徒歩で来て良かった。

05_エサヌカ線斜めまっすぐ写真2
エサヌカ線を抜けると、浜猿払の漁港に着いた。
気温は8℃。

05_8℃
寒い寒いと思っていたが、8℃とは・・・。6月中旬なのに。
夏装備しか持ってきていない身にはきつい。

今日の宿は道の駅にするか、少し手前のライダーハウスにするか迷ったが、
少しでも先に行きたい気分だったので、道の駅さるふつ公園まで行くことにした。

道の駅さるふつ公園の少し手前には、猿払村村営牧場がある。
ここは、ドラマ「人間の証明」で使われた牧場なのだ。
僕も見たことがあるので、ちょっとウキウキした。

道の駅には13時半頃に到着。
昼飯(というか夕飯)は、ホタテ定食。とびきり美味しかった。
今回の旅ではいつものことだが、足は限界だし、
夜までに次の集落に辿りつけるかどうかわからないので、早い時間だがここで宿を取った。
食ったあとは、適当にウロウロして宿で寝た。

posted by 歩き太郎 at 07:56| Comment(0) | 旅行記

2009年11月04日

道の駅マリーンアイランド岡島〜クッチャロ湖(4日目 2008年6月22日)

【4日目の旅程】
寒くて寒くて、夜中に何回か起きた。
死ぬほど寒い。
しかし、ものすごく疲れているので強烈に眠い。
目が覚めては寝て、目が覚めては寝て、の繰り返し。
結局、体を起こして行動開始したのは6時半頃。

起きてすぐ、道の駅のトイレに籠る。
別に小も大も出ないんだけど、寒さから逃れるためにトイレの中でボーっと1時間半ほど過ごした。
いっそのこと、トイレの中で寝ればよかったかも。

体が温まってから外に出ると、もう日も出ていてだいぶマシな寒さになっていた。
外でメシを炊いて食う。
メニューはゴハンとサバ缶。
食い終わったところで、写真を一枚。

04_マリーンアイランド岡島の先っちょ
今日の旅程は、ほぼ100%バス。
休養日のつもり。
バスの出発が9時35分なので、それまではやることが無いのだ。

またトイレに戻ってボーっとする。
9時になると道の駅の営業が始まったので、急いで中に入った。
食堂のメニューをふと見ると、カニ汁があったので急いで注文して食う。
海の幸は食いたかったので本当に心底おいしかった。
今回の旅行で、心の底から旨いもの食ったなーと思ったのはこれが最初。

その後バス停に移動。
ここから、バスで移動するのだ。


より大きな地図で バス20090622 を表示

9時35分にバスに乗りこみ、15分ほどで枝幸バスターミナル到着。
次に乗るバスは12時20分なので、それまでブラブラすることに。

マップを見ると、観光名所的なものはなんにも載っていない。
真中に大きな総合商店があるだけの、寂しい町だった。
防寒用の服を1枚買って、その後北見枝幸駅跡で写真撮る。

04_北見枝幸駅跡
その後、バスに乗って枝幸バスターミナルを出発。
車中ではとても眠くて、うつらうつらして、ハっと目が覚めるととてもいい景色。
写真は撮れなかったけど。
やっぱりオホーツク海沿岸の道はどこもいい景色だ。

バスは浜頓別で終着。
今日はここで泊まる予定にしていた。
ツーリングマップに書いてあるライダーハウスを探そうとしたところ、なんと今はもう営業していないとのこと。
あせって別の宿を探したが9600円とのこと。もうハイシーズンの値段なのだ。
かなり困ったが、バスターミナルから3キロほど歩いたところにクッチャロ湖があって、
その湖畔にキャンプ場があると聞いたのでそこで泊まることにした。
キャンプ場に行ってみると200円とのこと。安い。
景色も素晴らしいし、このキャンプ場はオススメだ。

ちょうど良くコインランドリーも併設されていたので、たまっていた洗濯物を全部洗う。
その間に色々と買い物。
活ホッキ貝がうまそうだと思って買ったのだが、
どうしても気持ち的にさばくことができず、クッチャロ湖に放した。
だって、貝にナイフ入れると閉じるんだもん。
俺は弱虫だなあと思った。

それにしてもクッチャロ湖は美しい。
ずっと曇りだったが、夕方には晴れ間も見えた。

04_美しいクッチャロ湖
キャンプ場内に建物があったので、その軒下で寝た。
就寝は21時。

04_寝床
posted by 歩き太郎 at 12:53| Comment(0) | 旅行記

道の駅おこっぺ〜道の駅マリーンアイランド岡島(3日目 2008年6月21日)

【3日目の旅程(徒歩の分)】

より大きな地図で 徒歩20080621 を表示

朝5時半に起床。
今日も雨だ。
昨日は雨も楽しかったが、二日連続となるとちょっと気が滅入る。
気温が低いので、寒くて足があまり動かないのだ。

シュラフから出てメシ炊き。
その後パッキングして、出発は8時だった。

宿の中に、シーツみたいなのが「ご自由にお持ち帰りください」のコーナーに置いてあったので貰うことにした。
何しろ寒いのだ。
予想していたよりもずっとずっと寒くて、防寒の装備を持ってきていなかった僕は、寒さには結構ゲンナリしていた。
持ってきたシュラフは真夏用で、それだけだと寒くて眠れないので、Tシャツを3枚とカッパを重ね着してからシュラフに入らないと寝られない。
だからシーツ1枚でも、寝るときの防寒具が増えてくれるのは本当にありがたかった。

寒い寒いと思っていたが、歩き始めると割と快調。
昨日は足にマメができていたのだが、それも大したこと無かった。
景色も良い。幸せ。

途中で「日の出岬」に寄り道。
結構きれいな展望台があったので、雨宿りもできることだし、ひと休みすることにした。
展望台の中から一枚。

03_日の出岬展望台の中から
展望台を出てしばらく行ったところにライダーハウス「時の遊び」ってのがあって、
ちょうど昼だし、そこのメシが評判が良いらしいので食べたかったのだが、行ってみたらお休みだった。
仕方なく、すぐ近くのバス停で柿ピーをモサモサと食った。

今回の旅行ではうまいものは金に糸目をつけずに食おうと思っていたのだが、
まだ全然食えてない。
そういえば、昨日買ったイカも道外産だった。
徒歩旅行は寄り道できる範囲も極端に狭くなるので、うまいものがあるところを旅程の中で拾っていけないんだよな。
なんとなく予想はしてたけど。

途中で雨が上がったので、洗濯物をザックの外に出して干しつつ歩いた。

03_ザックで洗濯物干し
15時半頃、今日の第一目的地である 道の駅おうむ に到着。
ここから、休養も兼ねて、明日の夕方まではバスで移動する。

道の駅おうむでは、カマボコとか韃靼コロッケとかソフトクリームとかを食う。
おいしかったんだけど、本当は刺身系を食いたいんだよなあ。

17時半出発のバスに乗って、道の駅マリーンアイランド岡島へ。
バスでの旅程は下記の通り。

より大きな地図で バス20080621 を表示

1時間バスに乗っただけで、50kmも進んでしまった。
自動車って速いな。

道の駅マリーンアイランド岡島にはテントサイトがあるのでそこで泊まるつもりだったのだが、
行ってみると、だだっ広い芝生が広がっているだけ。
普通のキャンプには抜群のロケーションだと思うが、
テントを持たずに旅行している私にとってはかなり厳しい条件だ。
東屋みたいなところの屋根の下で寝たかったのだけれど、そういうところは無かった。

道の駅の建物が船の形をしていたので、
仕方なくその先っちょを屋根代わりにして寝ることにした。
とても寒くて不安だ。
夜に地元の人と少しだけ話した時も、「今日は寒いよ〜」と言っていた。
果たして寝れるだろうか。
おやすみ。

posted by 歩き太郎 at 12:46| Comment(0) | 旅行記

ライダーチャリダー共和国〜道の駅おこっぺ(2日目 2008年6月20日)

【2日目の旅程】

より大きな地図で 徒歩20080620 を表示

朝5時半に起床。
すぐにパッキングして出発したのが6時頃。
15分ほど歩いて、近くのコンビニで朝飯を買った。

ついでにザックを背負った写真を一枚。
限界まで荷物を減らした結果、30Lのザックに少し溢れる程度の荷物になったのだ。
でも、やっぱり結構重い。

02_ザック写真
7時に改めてコンビニを出発。
森の中を、ずーっとずーっとまっすぐな道が続く。
そうそう、こういう景色を求めてここに来たのだよ。
嬉しくなって一人でニヤニヤしながら歩いた。

02_まっすぐな道
まっすぐな道が海にぶつかったところに、流氷岬の看板があったので写真を撮る。
展望台があったが、朝早かったせいで開いていなかった。
上から眺めたら最高の景色だっただろうなー。

02_流氷岬
流氷岬からは、今度は海岸線に沿ったまっすぐな道。
途中に、もう使われていない線路の橋脚があった。
こういうのは鉄道マニアさんにはたまらないんだろう。
とりあえず撮っといた。

02_橋脚写真
途中で小さな沙留という集落があったので見ようかと思ったのだが、結局スルー。
Aコープがあったので、そこで昼飯だけ済ませた。

そこからは牧草・放牧地帯。
良い景色なので写真を撮りまくった。
まあ、写真にして後で見るとあんまり大したことなくなっちゃうんだけど・・・、
実際に見たら本当にすごい。雄大な景色。
どこまでもまっすぐな道も、旅行者としてはものすごく嬉しい。

途中で雨が降ってきたが、徒歩旅行は対策が簡単だ。
カッパ着てザックカバーしたらおしまい。
いつもやってる自転車旅行は、雨が降ると途端に気分が萎える。
今回は雨も楽しい。

02_まっすぐな道_雨
道の駅おこっぺには13時頃到着。
今日はここで泊まることにした。
昼で移動終了するのはちょっともったいない気もするけど、
昼まで歩くと足はもう限界だし、次の集落まで10kmほどあるから
歩くと、元気な状態でも3〜4時間かかる。
16時〜17時くらいから寝床を探すというのはちょっと不安だ。
まあ、どっちにしろ足が限界だ。今日はもう歩きたくない。
デブリーマンだから仕方ないのだ。

とりあえず道の駅おこっぺの売店でラーメンを食う。
海鮮ラーメンみたいな名前が付いてたが、なんか普通の味。
その後食べたソフトクリームはうまかった。

泊まりは、道の駅の敷地内にある「ルゴーサエクスプレス」だ。
列車を一両持ってきて置いただけの、とりあえず雨風だけは凌げますよって感じの宿泊施設。
宿泊料は無料だった。ありがたいことだ。

02_ルゴーサエクスプレス
宿の中には、先客の外人(欧米系らしい)さんがいた。
日本を、自転車で3ヶ月間ツーリングするんだそうだ。いいなあ。
外人さんとヘタクソな英語でしゃべってたら時間がたつにつれて旅行者がどこからともなく集まってきた。
夕方には8人になってた。これだけ集まると、この宿は多少狭く感じる。

02_ルゴーサエクスプレス内部
夕飯にイカを6匹買ったのだが、カラスに2匹持っていかれた。
許せん。

今日は完全に足が限界だった。
それなりに快適に歩けるのは、一日当たり20km程度のようだ。
それを超すとだんだん苦行になってくる。
明日は少しぺースを落として歩こう。

21時頃寝た。

posted by 歩き太郎 at 12:32| Comment(0) | 旅行記

2009年10月08日

紋別空港〜ライダーチャリダー共和国(1日目 2008年6月19日)

朝6時に起床。
昨日は夜のうちにパッキングが終わらなかった。

今回買ったばかりのザックは思ったより小さく、荷物を入れるのに苦労した。
だが、背負い心地は抜群。長く使えそうだ。

自宅の埼玉から 東武伊勢崎線・都営浅草線・京急 を使って羽田へ。
羽田から、オホーツク紋別空港に向かうのだ。

飛行機では真ん中の席。
あまり飛行機に乗ったことのない僕としては窓際に乗りたかったのだが、あいにくの曇りで眺望ゼロ。
どっちみち景色は楽しめなかった。

紋別空港着。
紋別空港はホントにチャチい空港って感じ。
学生時代にロシアのイルクーツク空港に行ったことがあるが、あそことかなり似ている。
空港というとでっっかい建物があるイメージだが、
この空港は、どっかの公民館みたいな建物が一つ二つあるだけ。

空港から出ると、ヒンヤリした空気が体にまとわりつく。
寒い。
夏の北海道には何度も来ていて、自分の経験では意外と暑かったので、東京の気候とそんなに変わんないんじゃないかと思っていたのだが、あてが外れた。
東京だったら3月初旬くらいの気温じゃないだろうか。
完全に夏モードで来たので防寒具の類はほとんど持ってきていない。

少し前途が不安になりつつも、空港発のバスに乗った。
このバスで、とりあえず紋別市街へ向かう。


より大きな地図で 徒歩20090619 を表示

元紋別のバス停でバスを降りる。
とりあえずバス停の写真を1枚。

01_元紋別バス停
この時の服装は、下はジャージ、上はTシャツ+Gore-Texのカッパ。
とにかく寒いので、早く歩いて温まりたい。

まずは20分ほど歩いて「巨大なカニ爪」へ。
でも、どうということもなかった。サビだらけ。見に行く価値なし。

そろそろ腹が減ってきたが、もうひと踏ん張りがんばる。
1時間ほど歩いて、有名らしい「よってけまるとみ」というメシ屋へ。
キンキの煮付けを食べたが、うーん、これはうまいんだろうか。
刺身系を食えばよかったなと後悔。

その後、その近所の紋別駅跡へ。
観光名所なのかどうか微妙なところ。スーパーみたいな店があった。

その後、紋別市役所の前を通りつつ2時間歩いて今日の宿泊先の「ライダーチャリダー共和国」へ。
道の両側にはコンビニとか、ホームセンターとかが結構あって、結構栄えていた。
こんな北の果ての場所も、こんな風に賑やかなんだなー。

最後に少し迷ったが、無事にRH「ライダーチャリダー共和国」に到着。

01_ライダーチャリダー共和国
まん前は駅舎の跡地のようで、公民館みたいな建物があり、
隣の公園にはでっかいSLが置いてあった。
多分、実際に動いていたものだろうと思う。

01_SL
夜は「ライダーチャリダー共和国」の管理人のおじさんのダジャレを聞きながら焼酎の牛乳割りを飲んだ。
「稚内(わっかない)?う〜ん、どこにあるかわっかんない」とか平気で言っちゃうおじさん。
酔っ払って寝た。

posted by 歩き太郎 at 13:00| Comment(0) | 旅行記

ここはどんなサイト?

このサイトは、私が2008年6月に、北海道の紋別〜稚内を歩いて旅行した時の記録です。
※総旅程約400kmのうち、約200kmが徒歩、約200kmがバスです。

歩きで行う旅行(ツーリング)の情報は思いのほか少なく、色々と下準備に苦労したので、
歩いて旅行してみたいと思っている方々の役に立つのでは、と思いこの旅行記を作成しました。
お役に立ったら幸いです。



【旅行の基本情報】
旅程:北海道紋別市〜北海道稚内市
総距離:400km
期間:2008年6月19日〜2008年6月27日(9日間)
移動手段:徒歩,バス(距離はそれぞれ200kmづつ)
宿泊:野宿(テント無し、寝袋のみ)と安宿



【旅行者の基本情報】
性別:男性
年齢:31歳
婚姻:既婚
子供:2人
体重:95kg

旅行経験:
大学時代に自転車でのツーリングを豊富に経験。
大学・大学院に6年間在籍し、テント泊・野宿等の回数は6年間通算で200泊程度。
大学院卒業後はロングツーリングは全くせず、野宿を伴う旅行は今回が大学院卒業後初めて。
また、徒歩メインの旅行は今回が初めて。

その他:
大学卒業から旅行開始時点までで20kg太った。
卒業後は運動をほとんどしていなかったため、体力的な心配あり。
posted by 歩き太郎 at 12:37| Comment(0) | はじめに
スポンサーリンク