スポンサーリンク

2009年11月04日

ライダーチャリダー共和国〜道の駅おこっぺ(2日目 2008年6月20日)

【2日目の旅程】

より大きな地図で 徒歩20080620 を表示

朝5時半に起床。
すぐにパッキングして出発したのが6時頃。
15分ほど歩いて、近くのコンビニで朝飯を買った。

ついでにザックを背負った写真を一枚。
限界まで荷物を減らした結果、30Lのザックに少し溢れる程度の荷物になったのだ。
でも、やっぱり結構重い。

02_ザック写真
7時に改めてコンビニを出発。
森の中を、ずーっとずーっとまっすぐな道が続く。
そうそう、こういう景色を求めてここに来たのだよ。
嬉しくなって一人でニヤニヤしながら歩いた。

02_まっすぐな道
まっすぐな道が海にぶつかったところに、流氷岬の看板があったので写真を撮る。
展望台があったが、朝早かったせいで開いていなかった。
上から眺めたら最高の景色だっただろうなー。

02_流氷岬
流氷岬からは、今度は海岸線に沿ったまっすぐな道。
途中に、もう使われていない線路の橋脚があった。
こういうのは鉄道マニアさんにはたまらないんだろう。
とりあえず撮っといた。

02_橋脚写真
途中で小さな沙留という集落があったので見ようかと思ったのだが、結局スルー。
Aコープがあったので、そこで昼飯だけ済ませた。

そこからは牧草・放牧地帯。
良い景色なので写真を撮りまくった。
まあ、写真にして後で見るとあんまり大したことなくなっちゃうんだけど・・・、
実際に見たら本当にすごい。雄大な景色。
どこまでもまっすぐな道も、旅行者としてはものすごく嬉しい。

途中で雨が降ってきたが、徒歩旅行は対策が簡単だ。
カッパ着てザックカバーしたらおしまい。
いつもやってる自転車旅行は、雨が降ると途端に気分が萎える。
今回は雨も楽しい。

02_まっすぐな道_雨
道の駅おこっぺには13時頃到着。
今日はここで泊まることにした。
昼で移動終了するのはちょっともったいない気もするけど、
昼まで歩くと足はもう限界だし、次の集落まで10kmほどあるから
歩くと、元気な状態でも3〜4時間かかる。
16時〜17時くらいから寝床を探すというのはちょっと不安だ。
まあ、どっちにしろ足が限界だ。今日はもう歩きたくない。
デブリーマンだから仕方ないのだ。

とりあえず道の駅おこっぺの売店でラーメンを食う。
海鮮ラーメンみたいな名前が付いてたが、なんか普通の味。
その後食べたソフトクリームはうまかった。

泊まりは、道の駅の敷地内にある「ルゴーサエクスプレス」だ。
列車を一両持ってきて置いただけの、とりあえず雨風だけは凌げますよって感じの宿泊施設。
宿泊料は無料だった。ありがたいことだ。

02_ルゴーサエクスプレス
宿の中には、先客の外人(欧米系らしい)さんがいた。
日本を、自転車で3ヶ月間ツーリングするんだそうだ。いいなあ。
外人さんとヘタクソな英語でしゃべってたら時間がたつにつれて旅行者がどこからともなく集まってきた。
夕方には8人になってた。これだけ集まると、この宿は多少狭く感じる。

02_ルゴーサエクスプレス内部
夕飯にイカを6匹買ったのだが、カラスに2匹持っていかれた。
許せん。

今日は完全に足が限界だった。
それなりに快適に歩けるのは、一日当たり20km程度のようだ。
それを超すとだんだん苦行になってくる。
明日は少しぺースを落として歩こう。

21時頃寝た。

posted by 歩き太郎 at 12:32| Comment(0) | 旅行記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
スポンサーリンク